ロゴ

人外のお姉ちゃんは、僕と交尾したがっている!


@あじダカー派さん2019/09/25 02:33:47にオナニーしました

オナニーの満足度

5

出した精液の量

4 - 3ml

射精したシーン

「ドロドロのぐちょぐちょ」 ラブラブフィニッシュ

オナニーの感想

既にお熱いの関係の2人がイチャイチャするおねショタものでした。最高! この本のタイトルのご多分に漏れず、この話でも最初と最後に交尾したがるお姉ちゃんを見られます。 しかしメインの絡みの発端がおねではなく、勃起したのをおねにからかわれてムキになりつつも発情したショタなのが素晴らしいです。 おねショタの定義に女性上位を掲げている方には違うよクソ!!と言いたくなる内容かもしれませんが、個人的には、おねとショタとが対等なお付き合いをしている様子は大変微笑ましくありがたい…。 高身長筋肉イノシシ娘と低身長おかっぱショタという身体的ギャップのあるペアが遠慮のない関係でラブラブなんですよ! 俺のちんちんが保たん時が来ているのだ!! 筋肉ボーイッシュケモなおねのビジュアルもドストライク! しかも頼もしそうな見た目に反して精神年齢がショタと同等で基本的に甘えん坊! たまんねえな! 印象的だったシーン。 イノシシの性か全裸で泥浴びするおねに対して、半ば無理やり遊びに付き合わされてるショタはちょっと呆れています。 ですが、惜しげもなく裸体を晒しながら無邪気に遊ぶ様を見て「それでも大好きだよ!!」って思いが溢れて思わず勃起!!! 突然の発情をおねにからかわれたショタは、立腹を建前に性欲のままにS責めまがいの手マンでおねの雌壺を濡らします。 調子に乗った(※ここで重要なのが、おねを見下す感じではなく、おねに魅了されて制御できない衝動を感じる表情の)ショタに後ろの穴をさんざっぱらほじられたおねは、股から白濁を垂らしながら腰を抜かし弱々しく仰向けに。 おねのいつものオテンバな様子しか見慣れてないショタは「エロかわすぎ!」っとさらに辛抱たまらなくなってラブラブ正常位キスハメおっぱい揉みつつ、2人は愛を吐露し合いながらお互いの体を堪能します。 完璧でした。 性欲に振り回される愛の重いショタいい…。 あちゅと先生ありがとうございます…。

カテゴリ

漫画・同人誌

コメントの投稿にはユーザー登録が必要です。